Top Gear 04-01: Aston Martin DB9 vs TGV

記念すべき Top Gear 初のレース企画。スタジオのある英国サリー州ギルフォード~モナコ公国モンテカルロ間をより早く移動できるのはクルマか、それとも公共交通機関か。いざ勝負!

ジェレミー:Aston Martin DB9 (ドーバー海峡のみフェリー利用)
リチャード & ジェームズ:路線バス、ユーロスター、TGV などの公共交通機関

Series 4 初回から番組の勢いを感じる楽しいレース。予算もずいぶん増えたんでしょうね。いよいよ Top Gear らしくなってきたな!とワクワクしながら鑑賞しました。印象に残ったリチャードの表情を貼って、レースを簡単に振り返っておきます。


濃霧に包まれた早朝のギルフォードに集合した三人。互いの健闘を祈りつつ 2 チームに分かれます。「僕たちが列車に乗ったら最後、クルマに勝ち目なんてないよ」「そうだそうだ」と話しながら最寄りのバス停に向かうジェームズとリチャード。自信がありそうです。

リチャードたちは 2 マイル歩いて最寄りのバス停に到着。対するジェレミーは 40 マイルも走ってドーバー海峡を目指します。ギルフォード・ターミナル行きのバス料金 (£5.60!) に驚くジェームズ。

ジェレミーが海峡を渡るフェリーに乗る頃、リチャードたちはようやくギルフォード駅に到着。リチャードはジェレミーの速さにびっくり!

リチャードたちがユーロスターでウォータールーを出発する頃、ジェレミーはフランス国内を南下中。列車内ではシャンパンやスモークサーモンなどを楽しむリチャードたちに対し、ジェレミーは DB9 の燃費の悪さに苦労します。

フランス国内に入った二人は PC を使ってジェレミーの現在位置を確認しますが、ジェレミーに 150 マイル以上もリードを許していることが判明。しかも二人はパリで地下鉄への乗り換えを強いられます。乗り継ぎに費やせる時間は 15 分のみ。撮影中は走ることを拒むジェームズにちょっとイライラするリチャードですが、何とか無事に地下鉄に乗ってリヨン駅へ向かいます。ロンドンの地下鉄よりもずいぶんとゆったりした車内に見えますね。

リヨン駅からはフランスが誇る高速鉄道 TGV で一気にモンテカルロを目指します。ジェレミーと携帯電話で話すリチャード。レースには負ける気がしない様子です。

かつて、Bentley Speed 6 とブルートレインとで同じようなレースをした人物に関する本を読むジェームズの横で、パンか何かを一口かじっては中身をじろじろと観察するリチャード。二人の性格の違いが面白くてたまりません。

残り 100 マイルというところで TGV は減速。ジェレミーに負けるのではないかと心配そうなリチャードの横顔。窓の外はすでに闇に包まれています。ちょっとだけ眠そうなまぶたになってますね。

モンテカルロまで 15 マイルのニースで、またしても乗り換えが必要になったリチャードたち。今度はジェームズの方が落ち着かない様子。ホームを歩き回ってリチャードからたしなめられます。

ニースからモンテカルロまでの道中、もどかしそうに窓の外を見るリチャード。負けたくない気持ちが背中からにじみ出ている気が。

ほとんど人の姿が見えないモンテカルロ駅を出て、ダッシュで Cafe de Paris を目指す二人。リチャードはジェームズをせっつきながら走ります。(ムダに大きなスーツケースが気になる…)

さあ、ゴールは目前です。番組初のエピックレース、勝負の行方は下の動画でご覧ください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s